Think Pad 535 E/X
外観が似ているので 535KF8 MF9 36J 70J を同時に紹介します

tp535_top.jpg (149166 バイト)

 

 Think Pad 535/E/X 

標準仕様 LCDサイズ LCDタイプ CPU メモリ  HDD 重量 モデム
標準/(MAX)
535(KF8) 10.4インチ TFT  SVGA P120MHz 8M/(40M) 0.8G 1.7Kg 22.8K
535(MF9) 10.4インチ TFT  SVGA P133MHz 8M/(40M) 1.08G 1.7Kg 22.8K
535E(36J) 10.4インチ TFT  SVGA MMX150MHz 16M/(72M) 1.6G 1.7Kg 22.8K
535X(70J) 10.4インチ TFT  SVGA MMX200MHz 36M/(92M) 3.2G 1.7Kg 56K

 

Think Pad 535E 2606-36J  にて動作確認済みのHDD
 6.4Gまで載るらしい、それ以上はBIOS騙しツールが必要

HDD IBM DDLA-21620(1.6G 9.5mm 外穴) 初期時に搭載品
  IBM DKLA-23240(3.2G 9.5mm 外穴)  
  IBM DKLA-206480(6.4G 9.5mm 外穴)  
余談ですが、IBMのHDDは 通電していない時単体で 振ると カチャカシャ 音がしますが異常ではありません。
特にDKLA-23240 や 535には通常取りつけませんが10G、12Gのも派手に音がしますし
動作時には結構騒音を発生します=>それが正常です。



 

 

ThinkPad535X対応の動作保証メモリはTPED-64Mです。

ThinkPad535無印 535E対応の動作保証メモリはTPED-32M です。

 



 

特徴
・バランスの取れた素晴らしいマシンです 535Zも出して=>IBM
・私が一番欲しかったマシンでした
・Think Pad 230csより一回り大きくなった
・33600モデムへアップグレード可
・マシンパワー、ディスプレイ等 現在(1999/08)もストレス無く使用可
・HDDの交換は容易、しかも 外穴、内穴 どちらも搭載可能
 12.7mm 12.5mm 9.5mm 8.45mm いずれもOK 素晴らしい事です。(他のメーカーさんも見習ってください)
・535Xは266までクロックアップできるらしい
・535EはFDDを認識しなくなる故障が多い(原因不明)
・LCDが真っ白と言う故障が多い 下段参照
・LCDのヒンジもよくゆるくなる、ハンマーで締めれば(たたく)直る?

36Jの写真↓
tp535_01 正面 バランスのとれた、持ち運ぶノートとしては最適の一台と思います
5353 右側面 バッテリーはココ
5355 左側面 左からモジュラージャック、スピーカ、マイクジャック、FDDコネクター、PCカードスロット
5354 後ろ DCジャック、赤外線ポート、PS/2ポート、外付けディスプレイコネクター、シリアルコネクター、パラレルコネクター
5356 LCDを閉めた時には各LEDが確認出来ない、まさしく弁当箱
5357 わりとシンプルな底部です、バッテリーの取り外しは固い

 

 KF8とMF9は外観は全く同じですので ここでは MF9/36J/70Jの違いを見て頂きます。 00/10/15追加

535EX9_01.jpg (70319 バイト) 上から


MF9

36J

70J

70JのみUSBポート有り
535EX9_02.jpg (74398 バイト) 70Jは56Kモデムを搭載しておりDSPカードとは別物です
写真(実物を見ても)では判りませんが 
36J等と70Jは、2mmほどモジュラージャックの位置をずらしてあり
物理的に間違えて取り付かない様にして有ります。
535EX9_03.jpg (47562 バイト) 左MF9
右36J
36J、70Jはサーマルパットが張りつけてあります
KF8/MF9/36J/70JはLCD、キーボード、バッテリ、は共通です

 

その他の違い
  535無印 (KF8) 535無印 (MF9) 535E (36J) 535X (70J)
CPUファン 無し(ヒートシンクのヒダ無し) 無し(ヒートシンクのヒダ有り) ファン有り 無し(ヒートシンクのヒダ無し)
LCDカバーの補強 無し 有り
下筐体
PCカードスロット下部
の補強(ハニカム状のリブ)
無し 有り
バッテリ管理 10% 80% 100%の3段階 10%刻み
         
         

 

 

LCD真っ白になりましたNEW
写真 写真の説明 うんちく
535lcd_01.jpg (113648 バイト)


不必要なパーツは
取り外してあります
535全シリーズにて電源ON時真っ白

これもよくある故障です(+_+)

電源ON時真っ白でLCDパネルの
裏側を押す
と直ると言う不思議な症状です。

一端直ると電源を切るまで大丈夫ですが
一度電源を落とし再立ち上げするとまた真っ白です

サスペンド時もNGです

535lcd_03.jpg (77655 バイト) LCDの裏側
(Lotによって若干違います)
 裏側を押すと 直るってどう言う事?
 接触不良?

(ちなみにLCDケーブルを交換しても直りません)
535lcd_041.jpg (53698 バイト) この青丸のICを押すと
直る事が判りました
(P555)の印刷有り
このICをルーペで見ても
きちんと半田付けされていますし
特に不自然な感じはしません。

ダメ元でこのICの足14本を半田付けをやり直します
ICを外す必要は有りません
再度半田を溶かし流し直す感じでOKです
535lcd_02.jpg (123799 バイト) 再度組み立て
電源ON

不必要なパーツは
取り外してありますので
エラーが出ていますが、

LCDは正常に
表示されています
555ってタイマーICかな?
トリガーが出力せず、IC(基板含む)を押すと
何かの拍子にON信号が出るのかも知れません
(結果からの無責任な推測、、)

とにかく直りました
原因不明ですし、別の要因で、
直ったのかもしれません。

それ以降再発はしていません
     

 

 

バッテリもバラバラにするぞー  
注 蓄電池(バッテリパック)は1歩間違うと数十(数百)アンペア流れます
爆発、発熱の危険がありますので、このような分解はしていけません。
tp535batt_020.jpg (58142 バイト) 今からやっつけます
tp535batt_010.jpg (75158 バイト) 接着剤で貼りつけてありますので
細ーいマイナスドライバをねじ込み
とにかくばらす(殻割り?)

キズは必ず付きますが、開きやすい所から無理やり広げてケースを2分割します

なぜ分解するのか?

そもそも、535のバッテリパック(組みバッテリ)がお亡くなりになりました、(逝ってしまったとも言う)
新品で買うと2万円以上しますので
3パック逝ってしまったバッテリがあったので、生きている部品を組み合わせて1本ぐらい蘇生できるかな?
という 腹づもりです(^.^)


セルは パナソニック CGR17500 830mA 3.6V です。
リチウムイオンはバッテリセル1本3.6Vです。

そのセルを3本(830mA)を並列接続し、容量を約2.4Aまで増やしています。
その3本セットを更に3セット直列接続し電圧を10.8Vまで上げています。(文章でご理解頂けましたでしょうか?)

出来れば 3.6V×3本ぐらいの構成が可能なら
故障率(お亡くなり率?)も半分以下に下がったと思います。
535batt_050.jpg (158162 バイト)
(↑これ TP235やPT110用のバッテリパックはCGR18650
 1200mA 3.6V×2本=7.2Vを実現しており、お亡くなり率も低いと思われます)
(CGR18650Hは1500mAです)


私のバッテリは3分しか持たなくなりましたので、分解して調べて見ましたら
9セルのうち2本が全く蓄電しなくなっており、バランスが悪い為持ち時間 3分になっていました。

 

逝ってしまったバッテリセルって?
先日分解した 全く充電しなくなったバッテリセル(単品1本の事)とは?

元気の無いバッテリセルとは、90分持つはずが10分しか持たないと言う事であり
正極のリチウムコバルタイトと 負極の炭素間のリチウムイオン移動が弱ってきた(劣化)と言う事です
これは、充放電を繰り返せばいずれ劣化し、仕方が無い事でしょう。

しかし突然バッテリセルが充電しなくなる事があり プラス、マイナス間の電極の電位差が0V であり
電圧をかけても電流が全く流れす、当然充電、放電も出来ません

判らないときは分解です(^.^)
この分解は大変危険です、バッテリセルにも分解するなって書いてありますので
自己責任でも分解してはいけません。

535batt_010.jpg (149333 バイト) 安全第一に分解しましたので 随分汚く、ばらしてあります。
(負極側は分解せず)

プラスの電極周辺は多くのパーツで構成されています。
パッキンとセパレータが多用されています

 

535batt_020.jpg (141986 バイト) 535batt_040.jpg (127409 バイト) 535batt_030.jpg (143963 バイト)
圧力反応自己切断型ヒューズ
(勝手に命名しました(^.^) 
自己切断なのでヒューズは当たり前じゃん
っていう突っ込みは受けつけません(^。^))
もちろん再生不可(復帰しません)
左が正常時(導通あり)
右が切断(破断)後
右の2枚の間にはセパレータがあり
絶縁されていて、
中心の部分で切断されており、
当然導通がありません
左が正常時(導通あり)
右が切断(破断)後
左から
正極タブ
(ガス抜きの為穴が4個空けてあります)
パッキン?
圧力反応自己切断型ヒューズ(上)
圧力反応自己切断型ヒューズ(下)
(切断後の物です)
全く充電されない理由が判明しました。
(圧力反応自己切断型ヒューズ、安全弁、安全機構とも言うらしい)
このパーツが物理的なヒューズになっています。
切断後は当然 正極と負極の電位差が0Vで抵抗値は無限大です。

 

なぜ切れるのか?
過充電状態になると電池内部の温度が上昇し、電解液の分解によりガスが発生し、内圧が上昇するらしいです、
その時に圧力反応自己切断型ヒューズ(上)が押し上げられ、約1mm膨らみ、正極側(上方向)に中心部のみ移動します
そして圧力反応自己切断型ヒューズ(下)とが引き離され(円形に切りこみの入った所が引き切られる
回路を開き充電を出来なくする構造と推測されます。

これは、ガス圧の上昇による破裂、温度上昇による周囲の溶解、発火を防ぐ為と思われます。

 

ではどうすれば良いか?
過充電が犯人ですから、「充電が終わったらバッテリパックを外す」
という事になりそうです。

しかし、その辺はバッテリセル内の充電管理回路で制御しているはずです
リチウムイオンバッテリパックは通常3セルや4セルを並列接続するのが通例のようです
それでは1本1本管理出来ませんのでやはり過充電等が起こり易いかも知れません

やはり、9本のバッテリセルの充放電特性がほぼ同等で均質な物で
バッテリパック(組みバッテリ)を構成する必要があります。
その為にメーカも同時期のライン上から出来たバッテリセルを使ってバッテリパックを構成していると思われます。

 

結果

1、使い終わったらACアダプタを抜く (1番現実的)
2、充電が終わったらバッテリパックを外す(結構面倒だと思いますが、、、)
3、バッテリパック(PC本体)を購入時には、お祈りをしてから
  バッテリパック内のセルの特性が均質な物を購入する(^.^)

 

最後に
PONTAはバッテリの専門家では有りません、勝手に分解し推測をまとめて見ました
仕組み、専門用語、パーツの役割等間違っているかもしれません、
業界関係の方アドバイス等がありましたら、ご連絡お待ちしています。
その後、残る2パックもばらして見ましたが、計18本すべてのセルの圧力反応自己切断型ヒューズが動作していました、
やはり1本逝ってしまうと他の2本に1.5倍の負担が掛かりその2本が逝ったあと残る6本も逝ってしまうのでしょうか?
結局1パックも蘇生できませんでした(;_;)

 


Think Pad Love TOP   ThinkPad Users' Webring[Japan]
ThinkPadの修理とメモリの専門店
中部ノートセンター株式会社