Think Pad 760c

 

Think Pad 760c 9546-J22   発売時期 1995/10

LCDサイズ LCDタイプ CPU メモリ  HDD 重量
標準/(MAX)
標準仕様 10.4インチ TFT  SVGA P 90MHz 8M/(40M) 720M 2.8Kg
現在 同上 同上 同上 24M 同上 同上

 

特徴

・IBMのフラッグシップだったらしい。
・ウルトラベイが便利になってきた、2個バッテリーや 2個HDD と言う組み合わせが出来る。
・チルトするキーボード、これはThink Pad755の様に本体ごと傾けると CD-ROMドライブが机に追突する為開かなくなる
のを防止する為の仕掛けですが、Think Pad 701のような驚きは無い。
33600モデム搭載、ステレオスピーカー、スライド音量ボリュームが使いやすい
・液晶インジケーターは見やすい
PCカードスロットのカバーが自動的に塞ぐようになっておりカバーを紛失したり、折れてしまう事が無くなった
・やっぱり重たい
・キートップの材質、塗装がテカテカしており安物くさい バツだ(-_-)

 

7601 正面 少しだけ丸みを帯びた筐体
7603 右側面 PCカードスロット
7605 左側面 電源スイッチとその下にモジュラージャック、スピーカー、マイクジャック
7604 後ろ ドッキングステーション用コネクター、外付けディスプレイコネクター、パラレルコネクタ、シリアルコネクター、DCジャック その上に赤外線ポート
7606 LCDを閉めたときにでもサスペンドや充電中のLEDが確認可能
7607 メモリーはここに取り付けます 特殊なメモリーで汎用品が使えない

 

 

ウルトラベイ

本当はFDD目隠しカバーを付ける FDD,BATT,HDD (カラフルだ) BATT,BATT,HDD

 

 


Think Pad Love TOP 中部センター mail.gif (1706 バイト) ThinkPad Users' Webring[Japan]
ThinkPadの修理とメモリの専門店
中部ノートセンター株式会社